AX

塗るタイプのフィナステリド|飲み薬は不安という方に

塗るタイプのフィナステリド|飲み薬は不安という方に

「育毛にミノキシジルとフィナステリドを使いたい!」と思う方は多いはず。

 

ですが、「ミノキシジルは塗り薬があるのにフィナステリドは見当たらない!」とお困りの方も結構数おられます。

 

女性に多いのですが、身体に敏感な方は飲み薬服用する際に心理的な負担を感じる方がこのような傾向にあるようなのです。

 

昔は「だらしねぇな!男らしく一気飲みよ!」という風潮がないこともなかったのですが、忙しい現代社会ではストレスを抱えることはなるべく避けたい。

 

むしろ育毛の観点からストレスを抱えてまで飲み薬に固執するのはマイナスとも言えます。

 

ということで、育毛剤にも飲むタイプ塗るタイプや成分などさまざまなバリエーションのあるものが増えてきました。

 

今回は男性ホルモンが原因となっている場合に効果があるとされるフィナステリドの塗り薬を探してみました。

 

フィナステリドの塗り薬

まず、フィナステリドを含む医薬品を国内で購入しようとすると病院で医師の処方箋を必要とする場合がほとんどです。

 

しかもこの際、塗るタイプのフィナステリドを扱っているかというと疑問があります。

 

それはフィナステリドの塗り薬の商品自体がまだまだ少ないからです。

 

なので、病院に言って「飲むタイプのものはちょっと〜・・・」と言っても、

 

「なに!?飲み薬がイヤ?じゃあ我慢してもらうしかないね!!」と言われて悲しい思いをするかもしれません。

 

ところが海外に目を向けてみると医薬品のバリエーションはグッと広がります。

 

念願だった塗るタイプのフィナステリドにも出会えるでしょう。

 

その中で、フィナステリドの塗り薬をピックアップしてみました。

 

ポラリスNR-10 5000円台〜 フィナステリド0.1% ミノキシジル16%
ポラリスNR-11 5000円台〜 フィナステリド0.1% ミノキシジル12%
ジェンヘアー フィナステリド0.25%ローション 2500円台〜 フィナステリド0.25%

 

飲み薬と塗り薬、効果があるのはどっち?

ここで気になるのは、ミノキシジルとフィナステリドの両方に飲むタイプと塗るタイプがありますが、果たして効果的なのはどちら?ということでしょう。

 

はじめに結論から言うと、「飲むタイプ」です。

 

これは一部の例外を除いてほとんどの医薬品で当てはまります。

 

というのも吸収率がやはり経口摂取のほうが高いのです。

 

塗るタイプだとどうしても皮膚の表面に残ってしまい、必要な部位で効果を発揮しないものが出てきてしまうのです。

 

ですが、塗り薬に効果がないかと言われればそれはまた別の話。

 

皮膚を通って浸透し、効果を発揮する方法もあるのです。

 

特にアロマなどを想像して頂いたらわかると思いますが、オイルを塗ってお肌ツヤツヤなど昔から採用されてきた方法です。

 

では、こちらのサイトを参考に頭皮に効果が出るのか見てみると、二の腕の内側を1とした場合、頭皮は3.5倍の経皮吸収率を誇ります。

 

このように塗るタイプのフィナステリドも有効であることがわかって頂けると思います。

 

飲み薬に不安を覚えるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。


トップ 飲むタイプ育毛剤 塗るタイプ育毛剤 ダイエット用商品 悩み別カテゴリ