AX

円形脱毛症に安全性の高いアロビックス

アロビックス

アロビックスは塗るタイプの育毛剤で、塗った箇所の血管を広げる効果があります。

 

このように言うと鋭い方は「ミノキシジルと一緒じゃん!」と感づかれるでしょう。

 

ですが、ミノキシジルとアロビックスの中に配合されている「塩化カルプロニウム」の効果や使い方は少し変わってきます。

 

育毛にも様々なニーズがあります。

 

「全体的に頭髪が豊かになってほしい」「部分的な脱毛が気になる」「しっかり効果を実感したい!」「副作用などの心配を極力したくない」などなど。

 

育毛剤の王道は「プロペシア」と「ミノキシジル」、加えて「リジン」ですが、他の薬との飲み合わせの関係で使用できないものがあるということもあります。

 

また、女性の場合プロペシアは使用できませんので、このことから見るにも育毛のニーズっていろいろあるのだなぁということを実感します。

 

塩化カルプロニウムとミノキシジルの違い

さて、こちらのアロビックスは塩化カルプロニウムという血管の拡張を効果とするものです。それはミノキシジル(ミノキシジルタブレットポラリス ミノキシジルローション)での説明でご案内の通りだと思いますが、塩化カルプロニウムとミノキシジルは少し違います。

 

塩化カルプロニウムとミノキシジルの違い1
血管を広げる・血管を増やす

塩化カルプロニウムとミノキシジルには両方とも血管を広げる効果があります。

 

それに加えて、ミノキシジルには血管を増やすタンパク質生成促進の効果もあります。

 

ですので、ミノキシジルのほうがより細かく頭皮に栄養を行きわたらせることができると言えるでしょう。

 

塩化カルプロニウムとミノキシジルの違い2
飲み合わせや安全性

違い1だけを見ると、「ミノキシジル最高!塩化カルプロニウムなんて必要ないじゃん!」となりますが、冒頭述べましたように育毛にも様々なニーズがあります。

 

そのニーズの中に、「より安全に、心配なく!」というものもあります。

 

もちろん副作用の心配は製薬会社も考慮に入れて、極力出ないようにしているものです。

 

ですが、他の薬との飲み合わせや個人の状態によってミノキシジルは制約を受けることが多いのです。

 

例えば、人工透析を受けているとか心臓に心配があるときはミノキシジルの使用はできません。

 

医師との相談のもと判断してほしいのですが、塩化カルプロニウム配合のアロビックスはそんな場合でも使用できることがあります。

関連ページ

ポラリス ミノキシジルローション
海外の塗るタイプの育毛剤の中でメジャーなポラリス社のミノキシジルです。塗るタイプという手軽さもあってとても有名なものです。
ポラリス フィナステリド
塗るタイプの育毛剤にフィナステリドが登場!フィナステリドと言えば、プロペシアが有名ですが、塗り薬があまりありません。こちらのタイプはミノキシジルも配合されていますので、忙しい合間を縫っても時短で育毛ができます。
スペクトラルUHP
貴重な女性用のミノキシジル育毛剤「スペクトラルUHP」。濃度2%で女性の肌にも使えるミノキシジルです。
女性用ロゲイン
男性用の育毛剤として人気のロゲインに女性用が登場!女性の肌に合わせた濃度のミノキシジルが配合されています。女性は男性用ではなく2%のものが有効です。
ブラックポムトン
はるな愛さんが実際に使用している育毛剤ブラックポムトン。テレビで紹介があって以来、爆発的な人気を誇るようになり、芸能人にも愛用者が増加中。生え際が気になっている方やM字ハゲと言われている方に有効です。

トップ 飲むタイプ育毛剤 塗るタイプ育毛剤 ダイエット用商品 悩み別カテゴリ