AX

プレモン

プレモン

プレモンは女性ホルモン剤プレマリンのジェネリック医薬品です。

 

女性ホルモン剤は更年期障害など卵巣機能低下からくるイライラやめまいなどの症状を緩和する医薬品です。

 

ですが、更年期と言っても個人差があり、だいたい10年くらいその期間があることから、長く苦しんでいる方もおられます。

 

そんな方に日々、健やかに過ごして頂くため女性ホルモン剤は医師の処方も最近ではよくあることとなってきました。

 

更年期障害は意外とさまざまな症状があります。

 

ですので、あまり自覚症状がない方も多くおられます。

 

イライラやのぼせ、汗が止まらないなどわかりやすいものもあれば、肌の状態がよくなかったり、トイレが近くなったり、関節が痛くなったりと一見「歳だから・・・」と見過ごしてしまいがちなものまであります。

 

症状に関して詳しくはこちらを参照するとわかりやすいでしょう。
(参照:http://www.skincare-univ.com/article/008440/

 

リンク先でも書いてありますが、その治療法は女性ホルモンを医薬品から摂取するというホルモン補充療法です。

 

減少している女性ホルモンを薬で補おうというものです。

 

女性ホルモン剤の値段もバカにできない

このように更年期障害の治療として、医薬品で女性ホルモンを補充するやり方がメジャーなのですが、この症状って一度薬を飲めばOK!というわけではないんですよね。

 

個人差がありますが、一般的に更年期は約10年ほどと言われています。

 

その間のただでさえホルモンバランスが不安定になりやすいので、更年期障害の症状はいつやってくるのかわからないという厄介なものとなっています。

 

そのたびに病院に行って、処方箋もらってというのも面倒なことに加えて、結構なお値段がします。

 

そこで海外通販サイトなどでプレマリンなどの女性ホルモン剤を常備しておくという女性は多く、口コミ情報からもわかるように副作用もなく使用されている方がおられます。

 

ですが、その海外の女性ホルモン剤を持ってしても「結構お金が必要になるのね・・・」と思う方もおられます。

 

代表的な女性ホルモン剤プレマリンのお値段は1か月2000円台です。

 

これが周期として2か月に1度と考えても1年間で1万2000円となります。

 

他にもこの年代の女性は大変ですから、なるべくこの価格も節約したいというのが心情でしょう。

 

そこで大きな助けとなるのがジェネリック医薬品です。

 

楽しい価格比較欄

プレマリン(0.625mg)1か月28錠 2000円台〜
プレモン(0.625mg)2箱112錠 1800円台〜

 

いかがでしょう?

 

このプレマリンのジェネリック医薬品プレモンは同成分が同じ量だけ入ってこのお値段です。

 

それなのに錠剤の量は4倍という驚くべきコスパを誇ります。

 

上記の1年に換算すると3000円となんともお財布に優しいお値段になっております。

 

一気に人気に火がついているプレモン!ぜひおすすめです。

関連ページ

プレマリン
女性の更年期障害に有効とされるプレマリン。最近妙に汗が!イライラ!めまいがなどの症状の方は医師への相談のもと試す価値ありですよ。
マレフェ
女性ホルモン剤の中でもプロゲステロンを補充したい際に用いられるマレフェ。月経は女性ホルモンバランスが重要!エストロゲンでうまくいかないときはプロゲステロンのマレフェが必要かも。

トップ 飲むタイプ育毛剤 塗るタイプ育毛剤 ダイエット用商品 悩み別カテゴリ