AX

プレマリン

プレマリン

女性は普通に日々を過ごしていても、急に体調が変わったりするものです。

 

それは生理・月経によるホルモンバランスの変化かもしれません。

 

例えば、その時にピルを服用するなどして月経周期などを整えたりと言うことができるのですが、年齢によっては少し違う治療が必要になることがあります。

 

それが45〜55歳くらいの女性によくあると言われる更年期障害です。

 

更年期障害は閉経が近づくころ、卵巣からの女性ホルモンが減少しているときにおこるとされています。

 

訳もなくイライラしたり、急に汗をかき始めて止まらなかったり、めまいがするなどの症状があります。

 

意識していなければ、「あれ?風邪かな?」とか「なんか怒りっぽくなってしまった・・・」とスルーしがちなものでもあります。

 

ですが、症状の重い方ともなれば日常生活が送れなくなる非常に深刻なものになりかねません。

 

ですので、なんだかおかしいなと思ったら早めの医師への相談をオススメします。

 

プレマリンのメリット

まず、このプレマリンのメリットを見る前に簡単に更年期障害の仕組みを見てみましょう。
(参照:http://eonet.jp/health/doctor/column22_1.html

 

詳しく知りたい方は上記を参考にするといいでしょう。

 

簡単にまとめると「脳からの命令に追いつかず、ムリな命令が出て症状が出る」と言ったイメージです。

 

さて、この解決方法は外部からの女性ホルモンの補助で可能となります。

 

これがプレマリンの成分「エストロゲン」の力です。

 

脳から「もっとエストロゲンを出せ!」という命令に「卵巣からのエストロゲンとプレマリンのエストロゲンでOKでしょ?」とするものです。

 

楽しい価格比較欄

このエストロゲンですが、国内品で医薬品というのは医師の処方が必要となるようです。

 

通販でもサプリメントはあるのですが、効果という点では医薬品に軍配が上がるでしょう。

 

ですので、国内品に明確な比較対象がないものの出ていくお金は一緒ということで見てみましょう。

 

プレマリン 2000円台〜
国内サプリメント 4000円台〜
海外エストロゲンサプリメント 2000円台〜

 

このサプリメントというのは、食べ物の成分がエストロゲンのもととなりますよ!というものなのでエストロゲン自体ができにくくなる更年期にたくさん摂取しても効果はどうなのかという疑問は残ります。

 

もちろんなるべく薬に頼りたくないという方もおられますので、その点は個人の自由ということで。

 

また値段的に見てもサプリメントよりも安い医薬品という結果になっています。

 

それでも高い!という方にはプレモンというジェネリック医薬品もあるのでそちらも要チェック!

関連ページ

プレモン
プレマリンのジェネリック医薬品プレモン!女性のホルモン剤は体調によって一定期間の服用が必要になるかもしれません。その時に大きな助けになるのがお手頃な価格です。
マレフェ
女性ホルモン剤の中でもプロゲステロンを補充したい際に用いられるマレフェ。月経は女性ホルモンバランスが重要!エストロゲンでうまくいかないときはプロゲステロンのマレフェが必要かも。

トップ 飲むタイプ育毛剤 塗るタイプ育毛剤 ダイエット用商品 悩み別カテゴリ